商品情報にスキップ
1 4

Incline.LLP

作家主義 レオス・カラックス―アートシアター時代 1988×2022

通常価格 ¥1,200 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,200 JPY
セール 売り切れ
税込み。

 

K2で絶賛上映中のレオス・カラックス監督の新作『アネット』。
本書はその『アネット』が公開される2022年(現在)と、「汚れた血」が公開された1988年(過去)を結ぶ一冊。

1988 年、「ヌ ーヴェル・バーグ・ヌーヴェル・バーグ元年。ゴダールの再来。フランス映画界がついに生 んだ“恐るべき子供」との惹句で登場したレオス・カラックス。時はまさにヴェンダース、 ジャームッシュらの新作が毎年公開された”アートシアターの時代“。「1980年代アートシア ターの時代が生んだ怪物こそがレオス・カラックス」とは、本書における映画監督・塩田明彦の弁。その時代を生きたクリエイター、そして今を生きる俳優らが、レオス・カラックスを、そして、「アネット」を語る。


目次

  • アートシアター時代1988 レオス・カラックス登場の衝撃
  • 「汚れた血」との出逢い。すべてが、そこにあった。
  • メタフィクションにすることで、自画像ではないよ、としたのか。
  • ピエールはカラックスそのもの。全部、自分のこととして撮った。
  • カラックスの映画以上にカラックスその人に魅力がある。
  • アレックスの場所に、私はいまもそこにいるんです。
  • レオス・カラックス
  • すべてのカラックス作品は、失敗作である。
  • カラックスのイリュージョン。
  • アートシアター時代2022 もう一度、作家で映画を観よう

💺 We look forward to your visit

『K2』は、下北沢という文化の”るつぼ”のような街を背景に、様々な文化と接合し時代を超える価値を街にひらいていく映画館を目指し開館しました。
ミニシアターには、図書館ではないけれど何となく似た公共性があって、それでいてちょっと妖しさもあって、人が集まって何か企みがあって面白そうというような期待がある。これが街にあることでそこで流れが生まれて動きをもたらすような、そんな重要な場所。そう我々は考えています。
コロナ禍の最中に誕生し、オンラインとオフラインのハイブリッドでの体験を前提とした映画館。だからこそ劇場でもあなたのお越しをお待ちしております。

👉  今週の上映スケジュールはこちら