商品情報にスキップ
1 4

Incline.LLP

映画『愛について語るときにイケダの語ること』公式パンフレット

通常価格 ¥700 JPY
通常価格 セール価格 ¥700 JPY
セール 売り切れ
税込み。

四肢軟骨無形成症の青年による初主演・初監督作にして遺作

池田英彦・40歳・四肢軟骨無形成症・スキルス性胃ガンステージ4・趣味:ハメ撮り
身長 112 センチの青年が人生最後の2年間を凝縮した初主演・初監督作にして遺作!
生来の障害(四肢軟骨無形成症・通称コビト症)を持つ池田英彦(1974~2015)は40歳の誕生日目前でスキルス性胃ガンステージ4と診断される。「今までやれなかったことやりたい」死を意識した池田の行動は性愛に偏っていき、自分と女性のセックスをカメラに収める“ハメ撮り”にはまっていく。そしてそれらを映画として遺すことを企む。20 年来の友人である脚本家・真野勝成が協力し、2年間で撮影された

素材は60時間を超えた。そして池田の死をもってクランクアップ。池田の「僕が死んだら映画を完成させて、必ず公開してほしい」という遺言に従い、真野は映画を完成させた。そして 2020 年 12 月にアップリンク渋谷にて行われた上映会で熱烈な反響を受け、劇場公開が決定した。

愛とセックス、虚と実、マイノリティとマジョリティ...それら境界線を冒険する。
ドキュメンタリーを超えた異色のセルフ・リアリティ・ショー!

障害と性、死を描きながら本作にはポップな魅力が溢れている。自らを被写体にする池田が死の間際でもユーモアを忘れず、ドラマ『相棒』の脚本で知られる真野との相棒(バディ)感あふれる軽妙なやり取りは笑いを誘う。「理想のデート」の相手として出演する毛利悟巳は池田を「虚構と現実」の狭間に導く重要な存在として清冽な印象を残している。そして編集を担当した映画監督・佐々木誠は自らの過去作と通底するテーマである「虚実皮膜」を池田の遺した膨大な映像の中に見出し、58 分に凝縮してみせた。
それにより善意と偽善の曖昧な境界線に楔を打ち込もうとした池田の闘争心が昇華され、単なるドキュメンタリー映画を超えたポップで骨太、本当の意味での多様性を問う異色作が完成したのである。

(C)2021 愛について語る時にイケダが語ること

 

💺 We look forward to your visit

『K2』は、下北沢という文化の”るつぼ”のような街を背景に、様々な文化と接合し時代を超える価値を街にひらいていく映画館を目指し開館しました。
ミニシアターには、図書館ではないけれど何となく似た公共性があって、それでいてちょっと妖しさもあって、人が集まって何か企みがあって面白そうというような期待がある。これが街にあることでそこで流れが生まれて動きをもたらすような、そんな重要な場所。そう我々は考えています。
コロナ禍の最中に誕生し、オンラインとオフラインのハイブリッドでの体験を前提とした映画館。だからこそ劇場でもあなたのお越しをお待ちしております。

👉  今週の上映スケジュールはこちら